相談援助 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

相談援助 相談援助と福祉住環境整備

相談援助の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。福祉住環境の視点を忘れないでください。

(参考資料)官公署PDF
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士(厚労省)

個別化の原則

ケースワークの原則の一つで相談援助の基本原則、本人の側に立った個別化の視点

相談援助

一緒にいること、ありのままを受け入れる受容、感情にアプローチ、正確に応答、協働作業

視点

社会環境という「面」のなかにある人として認識することが重要

ニーズとデマンド

ニーズ…本人が意識しないものを含む、客観的に見て本人が必要な事項
デマンド本人が意識している望む事項

ニーズの中で本人が意識して望むものをデマンドといいます。

質問

開かれた質問…「はい」「いいえ」で答えられない質問 ⇔ こたえられる質問は「閉じられた質問」

作業療法士

応用的、社会的適応能力の回復を図るため手工芸やレクレーションなどの活動を用いたり、生活場面での作業を通じて治療・指導・援助

理学療法士はリハビリテーションを担う。

言語聴覚士

コミュニケーション障害全般が対象

保健師

地域包括センターに配置が義務付けられている

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました