感覚障害 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

感覚障害 疾患別・障害別にみる福祉住環境整備

感覚障害の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。

(参考資料)官公署PDF
失語症の人の生活のしづらさに関する調査(厚労省)

聴覚障害

感音難聴では大きな音に対する感度は正常の人と同じか、正常の人よりうるさく不快に感じる傾向にある

 原因疾患
感音障害加齢性難聴、音響外傷性難聴、突発性難聴、メニエール病 → 歪みが加わるため補聴器でも聞き取りにくい
伝音障害中耳炎、耳硬化症、外耳道閉塞症

聴覚障害と住環境

「雑音が少ない」「必要以上に反響しない」などの配慮(遮音性、吸音性の高い壁など)

聴覚障害、難聴とは「聴こえない」「聴こえにくい」だけではありませんので注意してください。

言語障害

構音障害(発音ができない)・音声障害(声がかすれる)→言語理解は正常
失語症…言語を聞いて理解するのが困難な場合がある、平仮名より漢字のほうが理解が容易

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました