高齢者の心身の特性 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

高齢者の心身の特性 障害のとらえ方と自立支援のあり方

高齢者の心身の特性の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。

(参考資料)官公署PDF
認知症の理解(認知症介護情報ネットワーク)

流動性知能

20代をピークとする、変化する課題や新しい環境に適応する能力

結晶性知能

60歳ごろまで上昇する、学習や経験の積み重ねによる、賢さ、知恵の源

健忘

頭部の外傷や高熱などで、一時的に生じる記憶障害、部分的な物忘れ、注意により訂正可能

認知症

新しい記憶や体験を忘れ、時間・場所に関する判断力に支障をきたす

認知症では新しい記憶を忘れてしまいます。身近な高齢者で昔のことはよく覚えているのに・・といった経験はないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました